学校法人・専門学校 大阪文化服装学院

  • HOME
  • NEWS
  • <リーバイス® 501®>のユーズドストックをアップサイクル!「デニムdeミライ」に参加。3/23(水)〜3/29(火)阪急うめだ本店で学生作品を販売

NEWS

イベント

2022.03.19

<リーバイス® 501®>のユーズドストックをアップサイクル!「デニムdeミライ」に参加。3/23(水)〜3/29(火)阪急うめだ本店で学生作品を販売

阪急うめだ本店、伊勢丹新宿店など、小売6社が企画し、国内外の約50のブランドやクリエーター、アーティストと協業した”持続可能なプロジェクト”「デニム de ミライ~ DENIM PROJECT ~」に、ファッションスクールとして、文化服装学院と当校 大阪文化服装学院の2校が参画しています。

このプロジェクトは、ダメージや汚れのひどい<リーバイス® 501®>を株式会社ヤマサワプレスが手作業によって洗濯をし、デザイナーやクリエーターなど様々な人たちとのコラボにより、もう一度蘇らせていくというもの。

当校からはスーパーデザイナー学科3・4年生が参加。
学生たちは、まず、東京足立区のヤマサワプレス本社を訪問。積み上げられた約20トン(!)のユーズドストックの中から、自身のブランドで使用するデニムをセレクトし、商品をデザイン・製作しました。

学生が手がけたアイテムは、3/23(水)〜3/29(火)阪急うめだ本店 3階 D-LABで販売されます。

D-LABは、「MARINE SERRE」などの最旬モードブランドから、「PHOTOCOPIEU」など業界人が注目するアップカミングブランドなど、いまHOTな国内外のブランドをラインナップしている、高感度なセレクトショップ。ここで学生ブランドが扱われることは極めてまれなコトです!

製作過程には、D-LABのバイヤーが来校され、値付けや仕上げの相談が行われるなど、学生たちも一人のデザイナーとして、プロと対峙。このような機会は、ブランド運営を行っていくうえで大変貴重な体験となりました。

▼完成した商品(一部紹介)

①ブランド名:「DOKKA vivid」
コンセプト:”Spice for your life” -あなたの生活にスパイスを-をコンセプトに日々の生活のスパイスとなるようなカラフルで刺激のあるアイテムを提案するブランド
アイテム:ジャケット ¥55,000(税込)、ビスチェ ¥33,000(税込)

②ブランド名:「sara takahashi」
コンセプト:日常に大胆なスパイスを効かせ、あなたをより際立たせるアクティブな女性に向けたブランド
アイテム:ベストジャケット ¥41,800(税込)

③ブランド名:「KIHOU MATSUNAMI」
コンセプト:日常をヘルシーに都会でもどこか肩の力を抜きリラックスして過ごす女性に向けたブランド
アイテム:ベスト ¥33,000(税込)

④ブランド名:「MIKU UENO」
コンセプト:本能的な美しさへの追求。ドラマチックに生きたいと願う女性へ向けたブランド
アイテム:ジャケット ¥44,000(税込)、スカート¥33,000(税込)

⑤ブランド名:「RyoOnishi」
コンセプト:身に纏う事で女性の内に秘められた魅力を引き立たせる服をコンセプトに、 強く生きようとする女性の拠り所となるブランド
アイテム:パンツ¥33,000(税込)

D-LAB店頭では、上記7ブランドを含む、計12の学生ブランドの商品が販売されます!
ファッションを楽しみながら、サステナブルを感じられる当イベント。
ほとんどの商品が一点物となっています。是非店頭でご覧ください!

▼概要
期間:3月23日(水)〜30日(火)
場所:阪急うめだ本店 3階「D−LAB」
https://web.hh-online.jp/fashion/shop/?cid=s_hdlb

■株式会社ヤマサワプレス

アメリカのロサンゼルスで、ダメージや汚れがひどく、引き取り手がいなかった約20トンの<リーバイス® 501®>のデニムを2019年に購入。アイロンプレス会社として長年に亘りアイロンプレス、検品補修、洗い作業を専門に行ってきた技術をもとに、一本一本、手作業で丁寧に洗濯し、商品としてよみがえらせている。

http://yamasawapress.jp/

SNS