学校法人・専門学校 大阪文化服装学院

学校関係者評価

職業実践専門課程基本情報

学校自己評価報告書

学校関係者評価結果報告書

学校関係者評価委員会議事録

教育課程編成委員会議事録

文部科学省委託事業 第三者評価

本校は文部科学省委託事業「ファッション分野における職業実践専門課程の質保証の評価を推進する事業」に参画し、試行事業として第三者評価を受審しました。

この事業は、職業実践専門課程のファッション分野における先進的な教育課程を編成する体制構築を目的としており、2年目となる本年度は、職業実践専門課程認定校4校に対して、ファッション分野オリジナルの評価項目に基づいて第三者評価を試行することを主事業と位置づけております。

評価委員は、アパレル企業、アパレル関連団体、大学教授等有識者の協力を仰ぎ、さらにファッション系の専門学校が相互に評価を行う仕組みで選任しました。国により、新たな高等教育機関が検討されている中、職業実践専門課程は、より良い人材育成のために質の向上を図っております。

以上を目的とした委託事業において本校は第三者評価を受審し、別紙総評通りの評価を得ております。

平成28年4月12日
大阪文化服装学院
校長 関 義徳

文部科学省委託事業 成果報告

平成29年度 
文部科学省委託事業成果報告

成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業

企業等との連携による社会人学び直しのための高度化、専門化プログラムの開発

研究期間 平成29年度
研究テーマ

平成29年度委託事業では、前年度に開発した3つの社会人学び直し教育プログラムの中から「リテイルマーケティング」教育プログラムの実証講座を継続実施。これと並行して3つの教育プログラムの統合し、「ファッションMBA的人材養成」教育プログラムのあり方の研究と開発に取り組み、将来の経営幹部育成を目指す。

参加機関

教育機関

文化学園国際フアッション産学推進機構、大阪文化服装学院、ディーズファッション専門学校、 香蘭ファッションデザイン専門学校、神戸国際大学、鈴鹿大学

業界団体

協同組合関西フアッション連合、一般社団法人日本流行色協会

企業

株式会社アーバンリサーチ、株式会社パル、株式会社玉屋、株式会社サンエービーディー、株式会社カンノマネージメント、有限会社プロトヴィジョン

報告書目次
  1. 職域プロジェクト事業概要
  2. 開発する教育プログラム
    • 研究事例「グローバル化時代に対応したファッションビジネスカリキュラム開発のあり方
    • 国際化時代に対応したファッションビジネス教育カリキュラム戦略の一考察
    • 神戸Madamとオーナーバイヤーのファッション美学戦略
  3. アパレル小売りにおけるMBA的人材養成の現状
  4. 海外ファッションカレッジのMBA的人材の育成
  5. 実証講座報告
    • 玉屋
    • ビーザワン
    • 実証講座アンケートの集計と結果
  6. 評価委員会の報告
関連資料 成果報告書:[PDF]

大阪文化について

SNS