学校法人・専門学校 大阪文化服装学院

海外で活躍する先輩

SARTO

SARTORIA YUKI INOUE MILANO

代表

井上 勇樹

1999年度ファッション・クリエイター学科卒業
和歌山県立星林高等学校出身

修業を経て、サルトとしてミラノで独立

紳士服工場でパタンナーをしていましたが、サルト(仕立て職人)に憧れ、2002年、ミラノの老舗でサルトへの道をスタートしました。その後、ミラノを代表する3つの工房で修行を積みましたが、そこで出会った師匠たちは日本人である私に熱心に多くの技術を教えてくれました。修行中は、納得するまで解いては縫い直す作業を繰り返し、完成度の高い服づくりに没頭しました。師匠の期待に応えたい、早く一人前のサルトになりたいという思いが強かったのです。その甲斐あって腕も上がり、イタリア元首相のベルルスコーニ氏のスーツを丸縫いするという経験をさせてもらいました。12年間の修行を経て独立。現在はミラノに構えたアトリエで紳士服の仕立てを手がけています。スーツは34万円からと決して安くはありませんが、クラシックなラインはミラノの仕立てだからこそ出せる美しさだと感じています。今後は日本にもミラノの紳士服の魅力を伝えたいと思います。

就職・支援

SNS