学校法人・専門学校 大阪文化服装学院

学費サポート制度:
学費融資

本学院では学生、保護者の皆様の経済的負担を少しでも軽減すべく、
学費に関する様々なサポート制度を設置しています。

  • 記載内容は2020年1月時点のものです。利率などが改定される場合がありますので、ご利用の際には、必ず各お問い合わせ先にご確認ください。

奨学金

2020年、「奨学金」制度が変わります! 
高等教育の修学支援新制度 対象校に認定されました

2020年4月、「奨学金」制度が大きく変わります。従来の貸与型に加え、給付型の修学支援制度が拡充。経済的な理由で学ぶことを諦めないよう、「授業料・入学金の減免」と「給付型奨学金の支給」による新しい修学支援制度が始まります。

国の修学支援新制度(免除・減額/給付型)

対象者

大阪文化服装学院入学希望者・在校生

  • 年齢などの要件を満たす必要があります。
基 準

学力および家計が選考の基準になります。

  • 学力:(1)〜(4)のいずれかを満たす人
  • (1)高校などの評定平均が3.5以上であること
  • (2)高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格者であること
  • (3)入学試験の成績が上位2分の1以上であること
  • (4)学修計画書を求め、学修の意欲や目的、将来の人生設計などが確認できること
  • 家計:世帯構成や年収で支援区分が変わります。
  • 下記よりシミュレーションができます。
支援額の目安 支援額の目安

日本学生支援機構奨学金(貸与型/予約採用)

第一種奨学金(無利息)

対象者

大阪文化服装学院入学希望者

  • 大学などからの再進学者および高等学校・専修学校(高等課程)卒業後2年以上経過した人は「在学採用」(入学後申込)をご利用ください。
基 準

機構の選考により採用が決定。学力および家計が選考の基準になります。

  • 学力:(1)〜(3)のいずれかを満たす人
  • (1)高校などの評定平均が3.5以上であること
  • (2)高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格者であること
  • (3)機構の定める基準に該当すること
  • 家計:年収・所得の上限額の目安(例)

第一種奨学金

世帯人数 4人
給与所得者 747万円
  • 給付型と貸与型、第一種と第二種の併用も可能です。ただし、家計基準が変わります。
金 額
  • 利息:無利息
  • 貸与(月額):下記より選択。
自宅 2万円、 3万円、 4万円、 5万3千円
自宅外 2万円、 3万円、 4万円、 5万円、 6万円
  • 入学時特別増額貸与制度有。

第二種奨学金(利息付)

対象者

大阪文化服装学院入学希望者

  • 大学などからの再進学者および高等学校・専修学校(高等課程)卒業後2年以上経過した人は「在学採用」(入学後申込)をご利用ください。
基 準

機構の選考により採用が決定。学力および家計が選考の基準になります。

  • 学力:(1)~(3)のいずれかを満たす人
  • (1)高校などの評定平均が平均水準以上であること
  • (2)高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格者であること
  • (3)機構の定める基準に該当すること
  • 家計:年収・所得の上限額の目安(例)

第二種奨学金

世帯人数 4人
給与所得者 1,100万円
  • 給付型と貸与型、第一種と第二種の併用も可能です。ただし、家計基準が変わります。
金 額
  • 利息:年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
  • 貸与(月額):2万円 〜 12万円までの間で選択 (1万円刻み)。
  • 貸与期間中に必要に応じて、貸与月額を変更することもできます。
  • 入学時特別増額貸与制度有。

大阪文化服装学院特別奨学金
給付・返済不要

対象者

大阪文化服装学院在校生

基 準

人物・学業が特に優れ出席良好で学科長、担任の推薦があり、経済的理由により就学の継続が困難な人、また、学業および関連活動において、著しく優れた成果を上げた人

  • 9月申請(1年生のみ):1年生前期成績・出席、家計
  • 4月申請(全学年):当該年度成績・出席、家計
給付金額

年間授業料全額、または一部を支給

  • 給付の対象となるのは授業料のみで、施設維持費・学生諸費は含まれません。
申込時期および決定時期
  • 9月申請(1年生のみ):11月決定
  • 4月申請(全学年):6月決定
選考方法

書類選考、面接により本学院が決定

  • 奨学金の応募者が多数の場合、学内選考を行います。ただし、応募数が採用人数に満たない場合でも、基準を満たしていなければ採用できないことがあります。

大阪文化服装学院奨学金
給付・返済不要

対象者

大阪文化服装学院在校生

基 準

人物が優れ出席良好で学科長、担任の推薦があり、経済的理由により就学の継続が困難な人

  • 9月申請(1年生のみ):1年生前期出席、家計
  • 4月申請(全学年):当該年度出席、家計
給付金額

年間授業料の一部を支給

  • 給付の対象となるのは授業料のみで、施設維持費・学生諸費は含まれません。
申込時期および決定時期
  • 9月申請(1年生のみ):11月決定
  • 4月申請(全学年):6月決定
選考方法

書類選考、面接により本学院が決定

  • 奨学金の応募者が多数の場合、学内選考を行います。ただし、応募数が採用人数に満たない場合でも、基準を満たしていなければ採用できないことがあります。
  • 上記申請時期以外でも、突発的な事態の発生などにより就学の継続が困難になった場合は、本学院が状況を勘案した上で、期中の申請を認めることがあります。

すみれ会(大阪文化服装学院同窓会)奨学金
給付・返済不要

対象者

大阪文化服装学院在校生

基 準

人物・学業が優れ出席良好で学科長、担任の推薦があり、経済的理由により就学の継続が困難な人

  • 9月申請(1年生のみ):1年生前期成績・出席、家計
  • 4月申請(全学年):当該年度成績・出席、家計
給付金額

年間授業料全額、または一部を支給

  • 給付の対象となるのは授業料のみで、施設維持費・学生諸費は含まれません。
申込時期および決定時期
  • 9月申請(1年生のみ):11月決定
  • 4月申請(全学年):6月決定
選考方法

書類選考、面接によりすみれ会が決定

大阪文化服装学院コンテスト奨励金(免除)

対象者

大阪文化服装学院在校生

基 準

国内外コンテストにおいてグランプリなど著しく優れた成果を上げた人

免除金額

年間授業料全額、または一部を免除

  • 免除の対象となるのは、授業料のみで、施設維持費、学生諸費は含まれません。
選考方法

コンテストの種類、受賞内容により本学院が決定

  • 「大阪文化服装学院コンテスト奨励報奨金制度規程」に定めます。

地方公共団体・奨学事業実施団体奨学金(貸与)

多くの都道府県・市区町村に奨学金制度が用意されています。 詳しくは、お住まいの地方公共団体などにお問い合わせください。また、地域条件を問わない奨学事業実施団体の奨学金もあります。 詳しくは、JASSOホームページなどでご確認ください。

教育ローン

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

対象者

大阪文化服装学院入学希望者の保護者

家計基準(目安)
子どもの数 1人 2人 3人
給与所得者 790万円 890万円 990万円
給与所得者以外 590万円 680万円 770万円
  • その他、特例要件有
金 額
  • 利息:年1.66%(母子家庭など 年1.26%)
    (2019年11月時点/年2回程度見直し)
  • 貸与:学生1人につき350万円以内
返済期間

15年以内(母子家庭・父子家庭・交通遺児家庭・世帯年収200万円以内の家庭などは3年間の延長可)

申込時期

随時 (本学院合格前でも申込ができます)

備 考
  • 日本学生支援機構奨学金との併用可能。
  • 入学前のご利用も可能です。

オリエントコーポレーション学費サポートプラン

対象者

大阪文化服装学院入学・在学者の保護者

基 準

安定した収入のある人

金 額
  • 利息:年3.5%(2020年2月時点)
  • 貸与:10万円以上500万円以内(累積合計額)
    入学、または進級に必要な学費(本学院からの納付書と同額)
申込時期

本学院合格以降

備 考
  • 日本学生支援機構奨学金との併用可能。
  • 入学前のご利用も可能です。
Orico(学費サポートプラン Sタイプ)
についてはこちら
コードを入力する場合:学校コード[09800228]、申込コード[0418]

ジャックス教育ローン

対象者

大阪文化服装学院入学・在学者の保護者(親権者・法定代理人)

基 準

安定した収入のある人

金 額
  • 利息:年3.5%(2020年2月時点)
  • 貸与:入学、または進級に必要な学費(本学院からの納付書と同額)
申込時期

本学院合格以降

備 考
  • 日本学生支援機構奨学金との併用可能。
  • 入学前のご利用も可能です。
  • 奨学金・教育ローンなどでご不明な点がありましたら、各お問い合わせ先、または大阪文化服装学院 事務局(0120-86-8695)までお問い合わせください。

入学について

SNS