学校法人・専門学校 大阪文化服装学院

  • HOME
  • NEWS
  • 真夏の祭典 BUNKA FESTA 開催!ファッションショー、作品展示など盛りだくさんの2日間

NEWS

イベント

2021.08.06

真夏の祭典 BUNKA FESTA 開催!ファッションショー、作品展示など盛りだくさんの2日間

7月31・8月1日の2日間、大阪文化恒例 真夏の祭典 BUNKA FESTAが開催されました。

すみれホールではファッションショー、教室から中庭までキャンパスを埋め尽くすインスタレーション。各学科の学生作品が、4月から7月までの学習の成果として、ギャラリーさながらに展示されました。

ファッション・クリエイター学科2年によるサマーショーでは、各コースの特色を生かした作品を披露。
今春新設された3Dモデリストコースがトップを飾り、日本を代表するブランド「sacai」のコレクションを再現。作品と共に、アパレル3Dアプリ「CLO」で作成した3DCGを発表。3ヵ月間で修得した技術力を示しました。

アパレルデザイナーコース及びニットコースは、オリジナル作品を製作。春・夏・秋・冬  各シーンごとの世界観を表現。

パタンナーコース、オートクチュール&舞台衣装コースでは、日頃、身につけたパターンメーキングやオートクチュール技術を存分に発揮し、DiorやPATOU、JW ANDERSOなど、世界に名立たるブランドのコレクションを再現。

スタイリスト学科2年のスタイリングショーでは、トレンドを分析し、テーマを設定。そこに各自がSDGsの要素をミックス。ヘア&メイク、アクセサリーからモデルのセレクトまで、トータルでのスタイリング提案を行いました。

ブランドマネージメント学科3年は、HEP FIVEに出店する学生ショップについての企画内容、また、各自がプロデュースするビジネスプランをプレゼンテーション。

各教室では、それぞれの学科学年による作品展示が行われ、日頃の学習の成果を披露しました。

今年度は新型コロナウィルス感染症の影響から、外部の方の来校が制限される中での開催でしたが、学生たちにとって、他学科の学習成果を目の当たりにし、新たな刺激を受ける大変有意義な機会となりました。

SNS