学院ニュース
大阪文化早わかり
お仕事ガイド
ファッションスナップ

学科/コース
シラバス(授業計画)
AO入試のご案内
パンフレット 資料請求
全国初 職業実践専門課程認定
交通アクセス
 

2016年5月25日 衣裳デザイナー 大町志津子氏 講演会
 

本場ヨーロッパで「アイーダ」や「椿姫」を手がけてきた 世界的オペラ衣装デザイナー 大町志津子さんが特別講演

5月25日、世界的なオペラ衣装デザイナーの大町志津子さんによる特別講演会が、当校 大阪文化服装学院主催で開催されました。当日は、大阪文化の学生、教職員をはじめ、一般の方々にも公開し、200名近い聴講者が集まりました。

講演では、25歳で単身ロンドンに渡り、その後イタリア国立ベネチアアカデミーに入学、ファッションデザイナーとして働き、ローマを拠点に、映画の衣装、オペラの舞台衣装の仕事に携わるまでの大町さんの激動のキャリアが、その時々の心情を含めて、情感たっぷりに語られました。

映画では、ルキノ・ヴィスコンティー監督の作品をはじめ、数々のハリウッド映画で衣装を担当。また、ローマのオペラ劇場での「アイーダ」、ベネチアのフェニーチェ劇場での「椿姫」をはじめ、30年近くオペラ衣装を手がけてきました。「ヨーロッパ在住唯一の日本人オペラ衣装デザイナー」と称される大町さんの話に学生たちも食い入るように聞き入っていました。また、北野武さんとの仕事、オノ・ヨーコさんや草間彌生さんとのエピソードなども交えられ、より関心を高めていたようです。

「ヨーロッパの文化はアルプスの山のようにそびえている」大町さんがそう表現したように、日本人が単身乗り込んで、伝統あるオペラや映画の世界で活躍するうえでは、異文化の中での様々な葛藤があったそう。病気をも乗り越えて自分の道を歩み続けてきた迫力のあるお話しに大変感銘を受けている様子でした。

講演の最後には、学生たちへのメッセージとして、いかにハードルが高い夢であっても、そこに向かうことが大切との励ましの言葉が贈られました。

講演の様子

講演の様子

 
スーパーデザイナー学科
ファッション・クリエイター学科
 
Loading
AO入試のご案内
再進学をお考えの方へ
田山淳朗賞 高校生ファッションデザイン画コンテスト
業界で注目 My Brand!
Collection コレクションデビュー
卒業作品発表会
業界も驚く My Shop!
Original Shop 市街地でショップ・オープン
業界に通じる My Style!
関西コレクションでスタイリスト
神戸コレクション
卒業生メッセージ
在校生メッセージ   大阪文化Blog
大阪文化 公式SNS
大阪文化twitter大阪文化Instagram大阪文化LINE大阪文化facebook
プレスコース2年生コーナー
オープンキャンパス・イベント