学院ニュース
大阪文化早わかり
お仕事ガイド
ファッションスナップ

学科/コース
シラバス(授業計画)
AO入試のご案内
パンフレット 資料請求
国から認められた教育の質 6学科すべてが職業実践専門課程認定
交通アクセス
 
スーパーデザイナー学科3年生のMy Brand開発が、いよいよ本格的に始まりました。 現在開発中のブランドは、来春予定されている、東京での展示会に向けたもの。マスコミやバイヤーを招いて、My Brandを発表します。 p1290204 p1290216 彼らは2年時に、E-ma梅田でマスコミ・バイヤーに向け展示会を開催。約半年かけてグループでブランドを開発し、各ブランド20型以上のアイテムを制作。価格を決め、アパレルのバイヤーと商談し、実際に納品(デリバリー)に向けて動き始めました。 今回はひとり1ブランド。2年時に経験した”プロのビジネス”と、これまでに培った独創的な発想力とを武器に、自分にしかできない表現を求め、日々開発を進めています。
ブランドコンセプトや、デザインの方向性を、プレゼンテーション 5月28日、2011 S/Sコレクションの、デザインの方向性が固まり、教員にプレゼンテーションをしました。スーパーデザイナー学科1・2年生も見学に訪れ、真剣に聞き入っていました。 p1290232 p1290229 コレクションは、学生1人1人が関心のある事柄や、人物、感覚などを、ブランドコンセプトに落とし込み、デザインを発想。自由に発想できる分、自分の感性が勝負のカギを握るため、プレッシャーも相当感じている様子でした。 プレゼンでは、ブランドコンセプト、デザイン、スタイリングなどを資料やデザイン画、素材サンプルなどを使って説明。教員が黙って聞き、淡々と進んでいく展開で、プレゼン発表者の声だけが、教室内に響き、独特の緊張感が支配していました。
自分自身の個性を、どうブランドで表現するか 発表されたブランドは未完成ながら、ある程度の方向性は見えてきた模様。 「樹木と建築物の融合」からイメージを広げ、斬新なマニッシュスタイルを追求するブランドや、女性の美しさと強さを「マリーアントワネット」と「銃」からインスピレーションを広げたブランド。毒々しさとファンタジックな世界観を表現するために、深海魚から着想を得たブランドや、ゲームの世界観「パラレルワールド」から連想し、ブランドにシナリオ性を持たせ、RPGのスリリングな冒険心を、シーズンごとに表現するブランドなど。 p1290202 p1290193 自分の好きなことを、改めて見つめ直し、それをブランドに落とし込む。好きなものは、なぜ好きで、どこが好きで、どんなふうに好きなのか、“好き”を立体的にとらえ、分解し、また再構築をしてみる。それを繰り返し、コンセプトやデザイン、シルエット、素材へのアプローチ。学生たちは試行錯誤しながら、日々開発を進めています。
ブランド開発に没頭する学生に、最後に教員からアドバイス 一通りプレゼンテーションが終わると、教員からは個別でアドバイスがあり、学生たちは真剣に聞いていました。 また、学生たちがストイックに開発を追求する姿に、教員から「もっと作品づくりを忘れて遊んでください」と、学生自身も、虚を突かれたような助言。 ストイックに取り組みすぎると、周りが見えなくなり、新しい発想がひらめきにくくなるということと、きっと、あまりにも一生懸命、ブランド開発を進める学生への、優しさを込めたメッセージだったのでしょう。 この日発表されたデザイン画の中から、1人1体、まず作品に仕上げ、夏のブンカフェスタ(7/18・19)で展示発表します!ぜひ見に来てください!

 
大阪文化 公式SNS
大阪文化twitter大阪文化Instagram大阪文化LINE大阪文化facebook
ゆめかつ
田山淳朗賞 高校生ファッションデザイン画コンテスト
再進学をお考えの方へ
業界で注目 My Brand!
Collection コレクションデビュー
卒業作品発表会
業界も驚く My Shop!
Original Shop 市街地でショップ・オープン
業界に通じる My Style!
関西コレクションでスタイリスト
神戸コレクション
卒業生メッセージ
プレスコース2年生コーナー
オープンキャンパス・イベント